微熱が一番熱い

  • 2018.05.15 Tuesday
  • 23:10

例えば、お肌のキレイな人に「何か特別なケアをしているの?」と聞くと

 

「ううん、何もしてないよ」

 

 

例えば、成績の良い友達に「どうやって勉強してるの?」と聞くと

 

「別に何もしてないよ」

 

 

例えば、テスト前に、勉強の得意な隣の子が一言

 

「全然勉強してないわ」

 

 

これらのセリフを決して鵜呑みにしてはいけません。

 

 

こういう人たちは、本当は「やってます」。

 

だから結果が出せるんです。

 

 

では、なぜ「何もしてない」などと言うのでしょう?

 

 

「謙遜」や「照れ」も当然あるのでしょうが

 

 

こういう人たちは

 

 

本当に「何もやっていない」と思っているのではないでしょうか。

 

 

 

要は

 

 

最低限やるべき「作業」や「準備」といったことは

 

 

意識の高い人にとっては「やる」うちには入らないのです。

 

 

なぜならそれは彼らにとってはごく普通の「日常生活の一部」だからです。

 

 

 

「勉強が苦手だ」とか「勉強が嫌いだ」と思っている人は

 

 

勉強を日常生活に紛れ込んだ「異物」のように捉えているのではないでしょうか。

 

 

 

嫌がっていても、勉強は避けられないもの

 

 

ならば日常生活の一部に取り込んでしまいましょう。

 

 

 

食事をするのが当たり前なように

 

 

寝る前に歯を磨くのが当たり前なように

 

 

一日の生活の流れの中に

 

 

「勉強」をごくごく自然に取り入れていくことです。

 

 

 

そのためには、勉強するということを

 

 

あまり「立派なこと」だと思いすぎない方がいいのかもしれませんね。

 

 

 

現在、共栄生諸君は中間テストに向けた勉強の真っ最中ですね。

 

 

「机に向かって当たり前」な今の状況や心理を

 

 

テストが終わってからもキープしていきませんか?

 

 

 

 

テスト前にだけ強火にして、テストが終わったら消火するような勉強ではなく

 

 

弱火でいいから習慣的・継続的に机に向かう「微熱」のような勉強をする

 

 

最近はこういう子が一番強いような気がしています。

 

 

(石黒)

  • 0
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    count down

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM