国語力

  • 2018.10.09 Tuesday
  • 23:10

「どうしたら国語の力がつきますか?」

 

 

こういった相談を時々受けます。

 

 

 

そもそも「国語の力」とは何か

 

 

 

国語ができるとはどういうことか

 

 

 

国語とはつまり、日本語。

 

 

日本語を目にしない

 

日本語を耳にしない

 

日本語を口にしない

 

 

そんな日、あり得ませんよね。

 

 

 

おそらく

 

 

いわゆる「国語のできる子」というのは

 

 

そんな日常生活での「日本語」というものに

 

 

意識的に、または無意識的に

 

 

少し「敏感」なのではないでしょうか。

 

 

 

日々日本語を使っている中で

 

 

知らない言葉に出会ったとき

 

 

あなたはどうしていますか?

 

 

すぐに調べる習慣がついていますか?

 

 

言語力の土台は「語彙(ごい)力」です。

 

 

つまり、「ことばの在庫」がどれだけあるか

 

 

そしてそれらは日々磨かれているか

 

 

 

国語が苦手だという子は

 

 

今日一日、自分がどれだけ「言葉に敏感だったか」を

 

 

振り返ると良いと思います。

 

 

今日、新たに知った「言葉」はありますか?

 

今日、新たに使ってみた「言葉」はありますか?

 

 

 

私たちは言葉を通してものを考え

 

 

言葉を通して他者とコミュニケーションをとります。

 

 

 

私たちとって

 

「言葉」とは「生活」そのものなのです。

 

 

誰かと話すとき

 

 

友達にLINEをするとき

 

 

twitterでつぶやくとき

 

 

看板を目にするとき

 

 

口論をするとき

 

 

すべてが「国語の力」を鍛えるチャンスなのです。

 

 

教科書を読んだり

 

 

ワークの問題を解いている時だけが

 

 

国語の勉強ではないと思います。

 

 

 

今から自分が吐き出そうとしている「言葉」の質を

 

 

ほんの少し上げてみようと意識すること

 

 

それだけで、違ってくると思います。

 

 

別に

 

 

難しい言葉を使うことだけが「質の高い言葉」とは限りません。

 

 

易しい言葉で「正確に自分の意思を伝える」意識を持つことも、とっても大切なこと。

 

 

 

意識してみてください。

 

 

 

極めて気軽に使えるツールだからこそ

 

 

「言葉」を大切に扱いたいものですね。

 

 

世界は言葉でできているのですから。

 

 

(石黒)

  • 0
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << October 2018 >>

    count down

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM