ライバルの存在じゃないかな

  • 2019.05.13 Monday
  • 22:14

東京オリンピックの観戦チケットの申し込みが始まりましたね。

 

 

あと1年。

 

 

出来ることなら、直に見たいのですが・・・。

 

 

テレビで応援かな。

 

 

皆さん、知っていますか?

 

 

今、陸上男子短距離が熱い!

 

 

長い間、日本人にとって

 

 

こえることが出来なかった

 

 

男子100m走の

 

 

『10秒の壁』

 

 

もう、日本人には無理なのかも・・・

 

 

そんな気さえしていたのですが

 

 

2017年、桐生選手が

 

 

「9秒98」

 

 

という、偉業を成し遂げました。

 

 

そして、先日弱冠20歳のサニブラウン選手が

 

 

「9秒99」を記録しました!

 

 

9秒台・・・

 

 

一体、どんな感覚なんでしょうね。

 

 

まだシーズン序盤です。

 

 

条件が整えば、さらなる更新も期待できそうですね。

 

 

桐生選手、サニブラウン選手だけが突出している状況ではなく

 

 

山縣選手

 

 

飯塚選手

 

 

多田選手

 

 

ケンブリッジ選手

 

 

など

 

 

9秒台に期待が出来る選手がこれだけいます。

 

 

それが今の短距離界の強みだと思うのです。

 

 

そう、

 

 

『ライバル』の存在です。

 

 

「あいつには絶対に負けたくない」

 

 

「オリンピックには必ず自分が出場する」

 

 

そんな思いがきっとあるのではないでしょうか。

 

 

だからこそ、過酷なトレーニングにも耐え、

 

 

明日に向かって、日々努力を重ねていくことが出来るのだと思います。

 

 

皆にはそんな存在はいますか?

 

 

本宿校も、今日から中間テスト特訓が本格的に始まりました。

 

 

ライバルたちと同じ空間で

 

 

机を並べ、勉強することで

 

 

お互いに刺激し合いながら

 

 

さらなる高みを目指していきましょうね。

 

 

(真でした)

  • 0
    • -
    • -
    • -

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    count down

    selected entries

    archives

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM